現在のかごの中:合計数量:0 商品金額:0円 カゴの中を見る

薬用入浴剤 DRアロマバス スキンケア 500g
商品コード:
626003~62600310

薬用入浴剤 DRアロマバス スキンケア 500g

通常価格(税込):
2,420~21,780
販売価格(税込):
2,420~21,780
ポイント: 110~990 Pt
関連カテゴリ:
ハイパープランツ アロマ商品
ハイパープランツ アロマ商品 > 薬用入浴剤 DRアロマバスシリーズ
[ 医薬部外品 ]
商品番号:HNB003
販売名:バスコロンJH4
内容量:500g(約20回分)

使用精油:ローズウッド、フランキンセンス、ベルガモット
*ローズウッドはオーガニックではございません。
有効成分:硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)
その他成分:ホホバ油、無水ケイ酸、香料(エッセンシャルオイル)
  • 通常購入/まとめ割:
数量:
お肌にとってもやさしい薬用入浴剤DRアロマバス 医薬部外品
医師との共同開発により誕生したハイパープランツ薬用DRアロマバスシリーズ は、高品質な天然エッセンシャルオイルのみをブレンドした薬用入浴剤です。合成香料やタール系色素は不使用。

薬用入浴剤 DRアロマバス リラクゼーション 500g

香りの特徴

程よく甘い、くせのない森林を思わせる香り。
乾燥が気になるときに。あせも、湿疹で悩むお子様や、荒れ性で肌のかさつきが気になる方におすすめです。

効能

湿疹、あせも、荒れ性、にきび、冷え症、産前産後の冷え症、肩のこり、腰痛、神経痛、リウマチ、疲労回復、痔、くじき、ひび、しもやけ、あかぎれ

ご使用方法

  • ご家庭のお風呂のお湯(約180L)に25g(キャップ約半分を目安として)を入れ、よくかきまぜてご入浴ください。お湯の量に合わせて適宜増減してください。
  • 洗顔や洗髪にもご利用いただけます。

使用上のご注意

  • 皮膚あるいは体質に異常がある場合には医師に相談してご使用ください。
  • お肌に合わない場合は使用を中止し、専門家にご相談ください。
  • 本品は食べられません。万一大量に呑み込んだ場合は水を飲ませるなどの処置を行ってください。
  • 入浴以外の用途には使わないでください。
  • 乳幼児、小児の手の届かないところに保管してください。
  • 3歳未満のお子様へのご使用はおすすめしておりません。
  • 妊娠中の方は医師に相談してご使用ください。
  • 高温多湿の所には置かないでください。
  • 開封後はなるべく早くお使いください。
  • 本品には浴槽、風呂釜をいためるイオウは入っておりません。
  • 残り湯は洗濯にお使いになれますが、柔軟仕上げをする時は、清水(水道水)をお使いください。
  • 使用後は必ずしっかりフタを閉めて保管してください。
  • 浴槽がすべりやすくなりますのでご注意ください。

「ハイパープランツ」について

人や地球の健康のために、本来の医学や農業のあり方について深く考え続けている人が世界各地にいます。
そんな方達がオーガニックにこだわり丹精をこめて育てた植物から得るエッセンシャルオイルの香りは、心と体に深くしみわたります。

「ハイパープランツ」は、2001年ハイパープランツ社により国内の医療分野で培われたエビデンスをベースに、オーガニック認証を受けたエッセンシャルオイルを輸入、国内で企画・生産されたアロマ商品のオリジナルブランドです。
商品誕生までに係わる人々に思いを馳せ、現在は、より高いクォリティーの自社ブランドとして、様々な分野でご利用いただけることを目指しています。

精油商品には学名、抽出部位、抽出方法を表示している他、ロット毎の成分表及び原料原産国も各商品に添付しております。


共同開発医 朱 永真(Eishin Shu)先生
朱 永真 院長
オリエンタルアロマセラピーカレッジ理事長・朱クリニック院長、
臨床アロマセラピー講師、医学博士


日本大学医学部卒業後、同大学医学部第一外科入局。1992年から 5年間、日本大学板橋病院救命救急センター勤務。1999年、西洋医学と補完代替医療を統合した医療をめざす朱クリニックを開院。日本大学医学部救急医学講座非常勤講師/日本外科学会 認定医/日本消化器外科学会認定医/日本救急医学会認定医/日本アロマセラピー学会会員・認定医
 
外科学を 10年、救命医療を 5年学び経験するなかで、人がさまざまな出来事に遭遇しながら一生を生きぬく過程で、生死にかかわる重要な場面に数多く携わってきました。その経験を通じ、医療従事者として今後、cure&care にいかに向き合うべきかという命題を深く考え、統合医療をめざす現在に至りました。クリニックでの診療や 0.A.C.運営、また各種学会などの活動を行いながら、メディカルアロマセラピーの確立へ向け、日々研鑚を重ねています。